歴史(国文学研究資料館関連図書)
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
10,276円(税761円)
本書『史料館収蔵史料総覧』は、当史料館に収蔵されている史料のすべてについて、史料群1件ごとに、出所情報、数量や年代、史料群の構造と内容などを概括的に記したものであり、史料群ごとのいわば概要目録である。
9,180円(税680円)
史料館収蔵史料の中から、関連した家別史料215点を選択収録する。
10,260円(税760円)
信濃国「松代藩真田家文書」の中で、藩の行政を中心とした松代藩庁記録とも言えるべきもので、藩の各役局で日常の業務遂行の必要性から作成された、いわゆる生の記録である。
10,044円(税744円)
史料館所蔵史料のうち、近代初頭の「市町村制」(明治二一年法律第一号)の施行に関する五点の史料を選んで収録し、また、関連の法令などを補足して付録とする。
9,180円(税680円)
本書では、戸長役場の史料を収録し、その特質と全体構成を解明する手がかりとなる史料。
9,720円(税720円)
武蔵野国多摩郡連光寺村(現多摩市連光寺)の名主日記「富沢家日記」を安政七年から明治二年の10年間を翻刻する。
8,640円(税640円)
アーカイブズ学研究との関わりのなかで江戸幕府の情報・記録管理の実態を解明する上で不可欠と考えられる史料である。
8,640円(税640円)
史料館所蔵史料から、近代初頭からの神社・寺院の明細帳作製に関する一四点の史料を収録する。
8,856円(税656円)
本巻では、日本近世都市に存在する文書群の出所=組織体を列挙し、組織体の種別ごとに、組織体の運営にかかわる基本文書を紹介していくことにする。
2,160円(税160円)
823円(税61円)
1,004円(税74円)
1,728円(税128円)
史料館所蔵史料目録 第76集
1,836円(税136円)
史料館所蔵史料目録 第75集
4,752円(税352円)
史料館所蔵史料目録 第74集
前のページ | 次のページ