古文書
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
3,240円(税240円)
絵入り百人一首、口上、看板、版本など江戸時代に書かれ読まれたものを、広く題材として取り扱う。
972円(税72円)
古文書は文字の森だ。木を見て森を見ないのではなく、木をよく見ることから始めてみようと考えた。
972円(税72円)
権力は文字によって命さえもうばった。それは魔法の呪文ではなく、ありふれたことばにすぎなかったのに。
972円(税72円)
語彙は社会と文化を反映する。うずたかい死語の丘には、消えてしまった過去が埋まっている。
972円(税72円)
星座は、無関係な星の組み合わせである。それを結ぶ線は、人類の想像力の産物だ。その線が見えない者には、星は何も語りかけてはくれない。物語も聞こえてはこないのだ。
972円(税72円)
世の中には、見かけは同じでも中味が異なるものが少なくない。しかし、文字の世界では見かけは違っても、中味が同じものが飛び回っている。
972円(税72円)
言文不一致の時代というけれど、読まない文字を先に書くことに誰も違和感を感じなかったのだろうか。
972円(税72円)
娯楽という文化が自由奔放な文体のなかで育まれてきた。それは、庶民のことばそのものだったからだ。
6,711円(税497円)
江戸時代に書かれた公文書ばかりでなく、当時の庶民が書いたものを含め、それらを読み解きながらその時代の人々が残したメッセージを探ろうとするものです。
3,356円(税249円)
江戸時代、支配者はなぜ捨子を禁じ、間引きを嫌ったのか。なぜそうした政策を執拗にとり続けたのか。江戸時代の村にとって、捨子や間引きはどのような意味をもっていたのか。
3,356円(税249円)
社会とのかかわりを大切にすることが子育ての第一という著者が、捨子や間引きという江戸時代の村の一断面を活写しつつ、古文書の演習書に託して現代保育への期待を語る。
972円(税72円)
人は命なき石のおもてに文字を刻む。それは永遠の魂の叫びなのだ。
972円(税72円)
実際に手を動かして文字を書いてみましょう
972円(税72円)
実際に手を動かして文字を書いてみましょう
9,720円(税720円)
古文書を読む、書くといった基本的なことをマスターするための10の方法
前のページ | 次のページ