不思議の村の子どもたち2
型番 1252
定価 3,356円(税249円)
販売価格 3,356円(税249円)
購入数

不思議の村の子どもたち2
江戸時代の間引きや捨子と社会

樋口政則・著
定価(本体3107円+税)
四六版・上製本・カバー装

江戸時代後半期は少子社会であった。社会とのかかわりを大切にすることが子育ての第一という著者が、捨子や間引きという江戸時代の村の一断面を活写しつつ、古文書の演習書に託して現代保育への期待を語る。前篇で明らかにされた謎が、ここに解かれようとしている。不思議の村の子どもたちは、何を語りかけてくれるのだろうか。


●子を愛すには(18世紀後半『我つえ』にみる親子像)
(1)心学と幼児教育
(2)女房子どもは家来なり
(3)子の愛し方
(4)親の心を
(5)他家に入れば
(6)捨子が減らない

●神の子という思想(19世紀前半・間引きと捨子と少子社会)
(1)間引きと堕胎と
(2)乳幼児へのまなざし
(3)神の子という思想

●不思議の村の子どもたち
少子化のなかの子ども観
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける