不思議の村の子どもたち1
型番 1251
定価 3,356円(税249円)
販売価格 3,356円(税249円)
購入数

1251
不思議の村の子どもたち1
江戸時代の間引きや捨子と社会

樋口政則・著
定価(本体3107円+税)
ISBN4-626-01507-7
四六版・上製本・カバー装

江戸時代、支配者はなぜ捨子を禁じ、間引きを嫌ったのか。なぜそうした政策を執拗にとり続けたのか。江戸時代の村にとって、捨子や間引きはどのような意味をもっていたのか。そこにみる支配者や村びとの子ども観とは。
古文書の演習書に託して語る、江戸時代の村の子どもと社会のかかわり。著者は、不思議の村への入口を見つけたのである。


●捨子がいっぱい(17世紀・捨子の登場)
(1)子売りと捨子
(2)生類憐みの政策と捨子
(3)不思議の村、そして大きな謎

●子孫を教訓せよ(18世紀前半『六諭衍義大意』の子ども観)
(1)儒教と「孝」の思想
(2)室鳩巣と『六諭衍義大意』

●秩序確立期の捨子と社会
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける