都市江戸への歴史視座―大江戸八百八町展・武家拝領地・江戸首都論―
型番 876
定価 3,456円(税256円)
販売価格 3,456円(税256円)
購入数

竹内誠・監修/大石学・編
定価(本体3200円+税)

本書は、江戸開府400年を機に、江戸東京博物館で開催された「大江戸八百八町」展、の展示意図・批評をはじめ都市江戸をめぐる諸問題を多角的視野から討議した東京学芸大学近世史研究会・立正大学大学院近世史ゼミとの合同研究会の都市江戸史研究の成果である。

第一章「大江戸八百八町展」をめぐって
第二章「武家拝領地」をめぐって
第三章「江戸首都論」をめぐって
の三部構成で活発な討議がなされ、また、竹内誠江戸東京博物館長の「江戸東京博物館の理念」に関する講演録を収める。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける