歴史
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
22,747円(税1,685円)
5,242円(税388円)
「古代日本と対馬」「海神と天神」に続き、史学的業績を主体として対馬古代学の総括としての編成をめざし、旧来の史籍の誤りを訂正し、古代史の空白部に新たな増補を加える。
7,865円(税583円)
律令国家と太宰府・隼人・南島との関係、さらに蝦夷をも視野に入れ、隼人国の実態とその、性格、全体像の解明に迫る。
6,186円(税458円)
従来の福岡平野中心の古代史観に対して、筑紫平野に代表される環有明海地域からの視点で北部九州の古代史を捉える。
8,179円(税606円)
古代の大きな転換期である10〜11世紀の国家・社会について、古代史・中世史双方からのアプローチによる王朝国家論。
12,582円(税932円)
日光男体山山頂遺跡を中心に全国的な主な信仰の山との比較検討により、男体山山頂遺跡成立の歴史的背景を考察する。
20,761円(税1,538円)
昭和34年に行われた男体山山頂遺跡の綿密な学術調査に基づく報告書。写真・図版多数収録。
3,356円(税249円)
大和で地名研究を続けてきた著者の業績を集約したもので、各論と起源論とから大和地名を解説する。
2,935円(税217円)
「王とその周辺」「出雲と日本海地域」「風土記と古代史」の三部で、考古・民俗・宗教などの最新の研究成果をもとに新たな古代史像に迫る。
7,130円(税528円)
埼玉県比企部を中心とした土師器と同地方の弥生後期のまったく異なる施文形態をとる二系統の土器群を分析した考古学手法と世帯共同体、農耕共同体、家父長制論、氏族小論などの理論編。
5,767円(税427円)
古代王権と交流・第8巻(新川登亀男・編)
4,719円(税350円)
古代王権と交流・第7巻(瀧音能之・編)
5,453円(税404円)
古代王権と交流・第6巻(松原弘宣・編)
5,242円(税388円)
古代王権と交流・第4巻(梅村喬・編)
5,453円(税404円)
古代王権と交流・第3巻(小林昌二・編)