浜松市史
定価 7,020円(税520円)
販売価格 7,020円(税520円)
購入数

浜松市史
浜松市役所編

浜松は古くから曳馬駅と呼ばれ、永禄末年に徳川家康が曳馬城に入り、元亀元年に曳馬を浜松と改め、以来城下町・宿場町となり発展する。本書は、東西交通の要衝浜松を総覧する。(大正15年版復刻)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける