北辺の中世史-六戸町編-
型番 1275
定価 3,740円(税340円)
販売価格 3,740円(税340円)
購入数

北辺の中世史-六戸町編-
大石直正・監修
定価(本体3,400円+税)

「戸のまちの起源を探る」シンポジウム報告集。戸と角地名の地名の由来、名字の類型等を歴史・考古学の分野からとらえ、隠れた中世の足跡を探る。

<目次>問題提起/戸の初見から(盛田稔)/鎮守府将軍清原真衡と「戸」「門」建置(入間田宣夫)/戸のまちの起源と交通(大石直正)/戸と門の起源を探る(森ノブ)/四戸という村名について(小井田幸哉)/戸のまちの古代・中世考古学(奥村知弘)/室町の南部氏(伊藤喜良)/九戸合戦−中世糠郡の終末−(小林清治)/戸の町あんない
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける