守護所から戦国城下へ
型番 590
定価 3,356円(税249円)
販売価格 3,356円(税249円)
購入数

守護所から戦国城下へ
金子拓男・前川要/編
定価(本体3,107円+税)

越後・守護代長尾氏の拠点、春日山城とその城下町の調査報告をベースに、越前・甲斐・美濃・周防その他各地の調査事例を加え、全国的な視野のなかで中世城下町の総括をおこなう。

<目次>基調報告・上杉氏による越後府中の経営と居城春日山城の成立/調査報告・春日山と越後府内の発掘成果/戦国期越後における守護・守護代と都市/美濃における15・16世紀代の守護所の変遷/戦国城下町越前一乗谷/守護大名大内(多々良)氏の居城跡と城下山口−大内氏館跡と町並遺跡の発掘成果から/戦国期の城下町プランと大名権力/守護所から戦国大名城下町への展開−都市空間構造論からみた視点/甲斐における守護所の変遷
<総括討論>守護所から戦国城下へ−地方政治都市論の試み/シンポジウムの成果と今後の課題−越後府内と春日山城
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける