民俗
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
9,720円(税720円)
9,720円(税720円)
9,720円(税720円)
9,720円(税720円)
9,720円(税720円)
忌みとケガレ、除災と招福、巫俗と卜占など、従来俗信としてかたづけられていたものを再評価し、諸天諸仏の信仰にも論及。
9,720円(税720円)
寺と地域社会とのかかわりを、農村・山村・漁村・都市などのそれぞれの場合について、具体事例を通して解明する。
9,720円(税720円)
念仏・修験・語り物などの各種芸能と仏教の関係、また仏教美術の中にみられる民俗的影響などを、多角的に追及する。
8,424円(税624円)
現行の風流踊りや風流太鼓踊りを芸能・踊り歌・採り物・衣裳・踊り場等の分析により念仏的要素や聖の関与を明らかにする。
9,228円(税684円)
今も各地に伝えられている山椒大夫伝説の研究書
4,320円(税320円)
道祖神研究、民俗学研究者に必備の書です
15,768円(税1,168円)
大正10年から昭和4年まで、柳田国男の指導のもとに民俗学の草分けたちによって編まれた日本民俗学上最大の古典的名著の復刻。
5,616円(税416円)
昔話の世界に展開する主題やモチ−フを抽出し、類型・話型・話群をたずねて、日本における昔話の形の実相を明らかにする。
6,048円(税448円)
共同社会に拠った人々の人間関係、異空間との交渉など昔話の内面に隠された社会構造や深層心理を、学際的視点から解明する。
1,944円(税144円)
和歌山県花園村の歌と年中行事高野山の山裾に位置する伊都郡花園村に脈々と伝えられた民俗芸能と年中行事を収録。ウタの楽譜を付す。
23,760円(税1,760円)
雑誌「田唄研究」創刊より16号(昭和36〜54)を全二冊に合本復刻し別巻として、シンポジウムの記録や文献目録を収録。
前のページ | 次のページ