民俗
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
8,856円(税656円)
山岳宗教史研究叢書12
9,180円(税680円)
山岳宗教史研究叢書13
9,180円(税680円)
山岳宗教史研究叢書14
9,504円(税704円)
山岳宗教史研究叢書15
10,260円(税760円)
山岳宗教史研究叢書16
12,960円(税960円)
山岳宗教史研究叢書17
14,040円(税1,040円)
山岳宗教史研究叢書18
5,184円(税384円)
解脱会の実態を、宗教社会学・宗教心理学などの綜合的視点から調査。日米の宗教学者による修験・密教系新宗教の共同研究。
10,381円(税769円)
かまど神としての荒神に対して中国地方を中心に広がる屋敷神・同族神としての性格を持つ地荒神。また御先・御前とも書かれ、使者霊としての性格を持つミサキ信仰。これらタタリをもたらす神々と、その民間信仰の実態を解明する。
2,621円(税194円)
「天竜川・豊川流域文化圏から東・西日本をみる」のシンポジウムの報告集
4,089円(税303円)
江戸後期の庶民文化の中での、はやり唄の役割と位置、現在とのつながりを探る。
9,228円(税684円)
日本人と他界観、不遇な魂とその祭り、氏神の祖神化などを通して、人と祀る風習の成立を考察する。
9,228円(税684円)
素材の変化や加工技術・技術者など古代以来の皮革技術に関わる様々な問題を歴史的に解明する。
8,179円(税606円)
第一編では古代山岳観を述べ、第二編では立山信仰を論究する。
3,984円(税295円)
成城大学民俗学研究所が、柳田国男の山村生活調査以後50年の民俗変化を追跡し、分析した報告集。